代表挨拶


AMUSER 代表  大久保 隆一郎

 

非日常の体験をもっと多くのお客様に届けたい。

 

テクノロジーの発達により、ありとあらゆる情報が手軽に得られるようになった現代社会。

その一方で人間の五感を刺激する"生身の体験"の価値が見直されてきています。

 

一流のマジックやパフォーマンスを目の前で体験されたことのある方は、身近にどのくらいいるでしょうか?

"マジック""催眠術""バルーンアート""ジャグリング"...。

プロのパフォーマーが次々と繰り出す洗練された技の数々に、今まで当たり前に信じていた現実はあっけなく翻り、夢との境界がぐらぐらと揺らいでいく。現実の世界に戻る頃には、驚きは大きな感動へと変わっている。

 

そんな本物のエンターテイメントを体験するという"感動"を、もっと多くのお客様に届けたい。

「日常にエンターテインメントを」をテーマに我々のグループは発足しました。

 

私自身もマジシャンの道を志し、長い修行期間を経て現在はプロのパフォーマーとして活動しています。

修行中はパフォーマンスでだけはなかなか生計がたてられず、様々な仕事をしながらパフォーマンスを練習する日々が続きました。

"お金を理由にやりたい事を諦めたくない。"

"全ての人が、自分が信じて一生懸命に取り組んだことで正当に評価される社会であってほしい。"

そんな思いを抱えていたこともあり、プロのパフォーマーとして活躍するようになった今、同じ思いを持つプロのパフォーマー達とグループを作ることで活躍の場をさらに開拓し、より多くの人へ私たちのパフォーマンスを届ける試みを実践しようと考えました。

 

千里の道も一日の行から。一つ一つ着実に信頼を得ていくことを心がけながら活動を進めて来た結果、現在200以上の団体や企業でパフォーマンスを披露させていただくことができるようになり、さらに複数の大手企業様ともお取引をさせて頂けるまでになりました。

現在は地域密着型のモデルとして東京を拠点に活動していますが、ゆくゆくは1000以上の団体や企業でパフォーマンスをさせていただくという目標を持ち、全国展開を目指しています。

 

時には厳しいお言葉を受ける事もありますが、お客様お一人お一人の笑顔に支えられて今の自分があります。

パフォーマンスをお見せしたお客様から「このお店を選んで良かった」「今日この場であなたに会えて良かった」とのお言葉をいただけることが何よりの報酬です。

 

あらゆる場所で身近にエンターテインメントを体験する事が出来る。

チームとしてお客様のあらゆるニーズに対応出来るワンストップサービスを実現したい。

日本におけるマジック、パフォーマンス業界の価値を高める一助になりたい。

 

そんな志のもと日々の活動に尽力しています。